日本橋トラベラーズクラブ日本橋トラベラーズクラブ

Tour

桃源郷あんずの里フンザ滞在と春のカラコルム山脈の旅【12日間】

HOME > 地域別ツアー > カテゴリー別ツアー一覧 >   >  >  >  > 桃源郷あんずの里フンザ滞在と春のカラコルム山脈の旅【12日間】

企画者より

桃源郷と呼ばれるフンザの里が、一年に一度、美しい薄いピンクの衣装を身に纏います。1974年10月までは、フンザ・ステートとして、内政の一切がミールという藩王に任されており、パキスタン国内の自治王国でした。現在はミール制が廃止されましたが、それでも独特の王国的な雰囲気を漂わせています。春は氷河を付けた峰々を背景に、杏の花、そして抜けるような青空、フンザの最も美しい季節です。このツアーでは、杏の季節限定で険しい山脈へと延びるカラコルム・ハイフェイを辿り、奥フンザの村までも訪ねて、じっくりと桃源郷の春を満喫していただきます。すぐ近くに迫る氷河、美しく澄み渡る渓流の水、青い目と金髪のワーヒー人が住むフンザの里は、きっと忘れえぬ体験となることでしょう。

 

ツアーの見どころ

人々の笑顔が山々に映える杏の里

氷河を付けた7,000m級の山々に囲まれ、ゆったり流れる水路の水。春には大地に杏の花が咲き誇ります。丘の上には古くからこの地を支配したミール(藩王)の宮殿が建っています。ここは1974年10月まではフンザ・ステートとして、内政の一切がミールに任されており、パキスタン国内の自治王国でした。現在はミール制が廃止されましたが、それでも独特の王国的な雰囲気を漂わせています。このあたりではワーヒー人と呼ばれる人々が暮らしています。目が青く、金髪が多いので一見ヨーロッパ人と全く変わりません。春は氷河を付けた峰々を背景に、杏の花、そして抜けるような青空、フンザの最も美しい季節です。人々の温かさと相まって心和ませてくれます。

航空機利用でより快適に

今まで陸路で12時間以上掛けてイスラマバードからギルギットまで移動していましたが、往復ともに航空機利用により約1時間でギルギットまで移動できます。陸路の主な問題であった土砂崩れやトラックの横転による通行止めの心配はありません。飛行機はナンガー・パルバット山の雄姿を眺めながら山腹を縫うように飛行します。

フンザ観光の中心・カリマバードに2連泊

カラコルム山脈の7,000m峰のラカポシ、ディラン、スパンティーク、ウルタルなどが取り囲み、フンザ側を隔てて大展望が広がります。また、近郊には村々が点在し、杏の花が一面に咲き誇ります。様々な角度からピンクに染まる大地をご堪能ください。その他にディラン峠から降りてくるホパール氷河や日本人が建設したハセガワ・メモリアル・パブリック・スクールなど、フンザの見どころを余す所無くじっくり観光します。

現地情報

【パキスタンの安全情報(12月9日現在)】

現在、外務省よりイスラマバード首都圏及びカラチを含むシンド州全域、GB地域に「不要不急の渡航は止めてください」という危険情報が発令されておりますが、現時点でツアーの実施に問題ないとの判断で発表しております。しかし、突然の情勢の悪化などにより日程が余儀なくされたり、ツアー実施を取りやめる場合もございますので、予めお含みください。

スケジュール

 

スケジュール食事宿泊
1日目成田(22:30発)

ご自宅から空港へスーツケース無料託送サービス

夜、ドバイ乗り継ぎにてカラチへ。

機中泊
2日目ドバイ(05:30着/07:30発) ✈ カラチ(10:35着/13:15発) ✈ イスラマバード(15:10着)

カラチ着後、航空機にてイスラマバードへ。

イスラマバード泊
3日目イスラマバード ✈ ギルギット(注1)

早朝、航空機にてギルギットへ。着後、ギルギットの観光。○7世紀頃の磨崖仏、ギルギットに住む村人の重要な交通路の○つり橋や○バザールなど生活の風景をご覧いただけます(注1)。

ギルギット泊
4日目ギルギット  ガクーチ ギルギット

専用車にてギルギット川に沿って、ギルギットとチトラルを結ぶギザール自治州の中心の村◎ガクーチを訪れます。ギルギットの西に延びる渓谷を抜けるとガクーチ平原が開けます。観光後、ギルギットへ。

ギルギット泊
5日目ギルギット  カリマバード  デュイカル

専用車にてフンザへ。昼食はラカポシ(7,788m)のビューポイントでお召し上がりいただきます。途中、400年の歴史を持つガニッシュ村に立ち寄り、デュイカル村のイーグルネストホテルへ。2013年に公開された映画『草原の椅子』でも使用されたホテルです。

ヨズガット泊
6日目デュイカル  グルミット

専用車にて上フンザのグルミットへ。天候が許せばウルタル峰(7,388m)、ダスタギルサール峰(7,785m)など美しい峰々をご覧いただけます。天候次第で上フンザではパス峰(7,284m)、バトゥラ峰(7,785m)の雄姿がご覧いただけます。到着後、杏の花咲くグルミット村の散策にご案内します。また、上フンザのハイキングにご案内いたします(往復約3時間)(注2)。午後はグルミット村の散策。

グルミット泊
7日目グルミット  ナガール  カリマバード

朝食後、パキスタンで最も標高の高く、最も長い階段(1655段)のあるオンドラ・ポイガーの観光。グルミット村に2021年にできた新しい観光スポットです。昼食後、カリマバードへ。到着後、ジープにてナガール村の観光。

カリマバード泊
8日目カリマバード  スマヤール  カリマバード

午前、ジープにてナガール村の○ホパール氷河観光へ。午後、杏の花咲くカリマバードの観光。かつてのフンザのミール(藩王)の居城であった○バルチット要塞やフンザの人々の日常生活ぶりが伺える○バザールなどの観光。

カリマバード泊
9日目カリマバード  ギルギット

午前、カリマバードにある登山家、長谷川恒男氏に因んで造られた○「ハセガワ・メモリアル・パブリック・スクール」を訪れます。見学後、ラポカシ谷のスマヤールへ。のどかな佇まいと美しい景観をお楽しみ頂きます。スマヤールでは伝統的な村にご案内します。その後、専用車にてラカポシ峰のビューポイントに立ち寄りながら、カラコルム・ハイウェイを下りギルギットへ。

ギルギット泊
10日目ギルギット ✈ イスラマバード  タキシラ  イスラマバード(注1)

航空機にてイスラマバードへ。その後専用車にてガンダーラの遺跡のタキシラを観光へ。紀元前2世紀のクシャーナ朝時代の○ジョーリアン遺跡、紀元前2世紀にバクトリア人によって建設された○シルカップ遺跡、貴重な出土品を展示する◎タキシラ博物館など。(注1)

イスラマバード泊
11日目イスラマバード(16:00発) ✈ カラチ(17:55着/22:30発) ✈ ドバイ(23:45着)

午前、イスラマバードの観光。アジア最大級を誇る○ファイサルモスク、緑豊かなイスラマバードが見渡せる○ダムネーコ展望台、○ラジャバザールなど。観光後、空港へ。帰路の途につきます。

機中泊
12日目ドバイ(02:40発) ✈ 成田(17:35着)

ドバイを乗り継ぎにて成田空港着。
空港からご自宅へのスーツケース無料託送サービス

    • *上記の時間は現地時間で表示され、○は下車観光、◎は入場観光の表示です。
    • *交通スケジュールの変更等により、日程が一部変更となる場合は予めご了承ください。

(注1)気象条件などで航空機が欠航になる場合もございます。その際には専用車を利用して陸路での移動となりますので、下記のように日程が変わります。予めご了承ください。

3日目:専用車にてベッシャムへ。(ベッシャム泊)/4日目:専用車にてギルギットへ。(ギルギット泊)

10日目:専用車にてベッシャムへ。(ベッシャム泊)/11日目:専用車にてイスラマバードへ。帰国へ。(機内泊)

(注2)天候によりハイキング先は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。(ご注意)花の咲く時期はあくまで気候などの自然条件によって大きく左右されます。予めご承知の上でお申し込みください。

〇利用予定ホテル
イスラマバード:ヒルビュー、レジェンド、イスラマバード
ギルギット:セレナ、ルパル、PTDC
デュイカル:イーグルネスト、フェアリーランド
グルミット:シルクルートロッジ、マルコポーロ パスー:アンバサダー
カリマバード:ダーバー、レジェンド、カラコルム

ご旅行代金

日程①3月20日(日)~3月31日(木)

②3月27日(日)~4月7日(木)

日数12日間
旅行代金¥458,000
一名室使用追加料金¥75,000

※①、②は3月「モヘンジョダロ」の旅とつなげてご参加が可能です。詳細は担当までお問い合わせください。

※上記旅行代金とは別に航空機の燃油サーチャージ¥14,000(目安)、航空保険料および海外の空港諸税等¥12,000(目安)や日本国内の空港関連諸税等を申し受けます。なお増減された場合はご出発前に精算させていただきます。

※国内外にて取得するPCR陰性証明書料等は別途必要となります。

旅行条件

食事回数朝:9 昼:10 夕:10 機内食:4
ツアーコンダクター全行程同行(成田発着に同行)
最少催行人数6名
募集人員12名
利用予定航空会社エミレーツ航空
※航空会社によりエコノミークラスの座席指定が可能です(有料)また、国内線割引料金がございます。詳細はお問い合わせください。

 

 

   

Contact

お問い合わせ・ご予約

日本橋トラベラーズクラブ

観光庁長官登録旅行業第一種1499号

日本旅行業協会正会員

〒103-0007東京都中央区日本橋浜町2-17-9美術館ビル3階

電話03-3661-0111 FAX03-3660-5501
お問い合わせはこちらから

資料請求・仮予約・お問い合わせはこちらから