日本橋トラベラーズクラブ日本橋トラベラーズクラブ

Tour

【国内・東北】 精霊の舞う「遠野物語」の舞台と 黄金色に染まる深山幽谷の仙人峠越え

HOME > 地域別ツアー > カテゴリー別ツアー一覧 >   >  >  >  >  > 【国内・東北】 精霊の舞う「遠野物語」の舞台と 黄金色に染まる深山幽谷の仙人峠越え
【国内・東北】 精霊の舞う「遠野物語」の舞台と 黄金色に染まる深山幽谷の仙人峠越え

企画者より

「遠野物語」の世界へ

「願わくはこれを語りて平地人を戦慄せしめよ。」 1910年に発表された岩手県遠野地方の伝承・民話の説話集「遠野物語」の序文に、著者柳田国男はこう記しています。「遠野物語」に出てくる民話の数は100を超え、他地域と比較してもその数は群を抜いています。柳田国男の1世代、2世代前の民話もあり、発刊された当時は昔話とは言えない、生々しいものでした。カッパや座敷わらし、山姥など、ややもすると、おとぎ話のファンタジーと受け止められますが、実質は異なり、独特な民俗風習と「この世」と「あの世」のつながり、「死」に対する考え方等、驚きを禁じ得ません。そして実際にこの地を歩くと、その驚きはいよいよ大きくなっていくのです。

スケジュール

スケジュール食事宿泊
1日目12:00新花巻駅集合。JR釜石線にて伝承の里遠野市へ。到着後、遠野の観光。◎とおの物語の館では遠野に伝わる民話を語り部が直接伝えてくれます。その他「縁」の言い伝えが残る〇卯子酉(うねどり)神社、〇五百羅漢、〇程洞コンセイサマ、〇駒形神社、〇池端の石臼、山の神の遊び場と言われる〇続石、〇会下の十王堂など。観光後、遠野市のホテルへ。遠野2連泊
2日目終日、民話・伝承の舞台を巡ります。◎遠野市立博物館、遠野物語によく登場する狐の民話〇キツネの関所、〇佐々木喜善生家、〇山口の水車、〇カッパ淵、姥捨て山だった〇デンデラ野など。100年前の遠野の風景を伝える◎伝承園で昼食後、〇山崎のコンセイサマ、白い鹿伝説が残る〇六角牛(ろっこう)神社など。夕食は三陸の幸を使った日本料理。遠野2連泊
3日目秋に色づいた遠野を満喫しながら釜石へ。日本最大の木彫り観音像がある〇福泉寺、〇早池峯神社、紅葉美しい〇重端渓など。◎遠野ふるさと村の観光後、太平洋側へ走ります。紅葉で色づく〇笛吹峠を過ぎ、海沿いの街、大槌町へ。〇崎山展望台や〇蓬莱島を遠望し、釜石市へ。到着後ホテルへ。釜石泊
4日目朝、釜石駅よりJR釜石線にて陸中大橋駅へ。そこから専用車にて紅葉の名所〇仙人峠へ。観光後、遠野駅へ。JR釜石線にて新花巻駅へと向かいます。13:00過ぎ、新花巻駅到着。到着後、解散。

※紅葉は気候など諸条件により大きく左右されますので、予めご承知の上でお申込みください。

※専用車はタクシーに分乗となる場合があります。

 

ご旅行代金

 

旅行代金¥198,000
一名室追加料金¥24,000

旅行条件

食事回数朝:3 昼:2 夕:3
最少催行人数5名
募集人数8名
ツアーコンダクター全行程同行

利用予定バス会社:遠野観光または同等クラス

Contact

お問い合わせ・ご予約

日本橋トラベラーズクラブ

観光庁長官登録旅行業第一種1499号

日本旅行業協会正会員

〒103-0007東京都中央区日本橋浜町2-17-9美術館ビル3階

電話03-3661-0111 FAX03-3660-5501
お問い合わせはこちらから

資料請求・仮予約・お問い合わせはこちらから