日本橋トラベラーズクラブ日本橋トラベラーズクラブ

Tour

【国内・中国/四国】 赤の画家・奥田元宋と 青の画家・東山魁夷の足跡をたどる旅

HOME > 地域別ツアー > カテゴリー別ツアー一覧 >   >  >  >  >  >  > 【国内・中国/四国】 赤の画家・奥田元宋と 青の画家・東山魁夷の足跡をたどる旅

企画者より

東山魁夷の青、奥田元宋の赤

広島県三次市出身の日本画家・奥田元宋(1912~2003)と神奈川県横浜市出身の東山魁夷(1908~1999)。今回の旅では二人の風景画家を育てたゆかりの地を訪れながら美術鑑賞をお楽しみ頂くとともに日本の海と山の自然美もご堪能下さい。

ツアーの見どころ

美術館のご案内

  • 兵庫県立美術館(神戸) 
    東山魁夷が青少年時代を過ごした神戸に立つ美術館。阪神・淡路大震災からの「文化の復興」のシンボルとして世界的建築家・安藤忠雄が設計を手がけた。
  • 東山魁夷せとうち美術館 
    東山魁夷の祖父が香川県坂出市出身という縁で、東山家より寄贈された版画作品を核としている。館内からは瀬戸大橋を眺望でき、瀬戸内の美しい自然に囲まれた心の癒しと憩いの場となる美術館。
  • 美術館あーとあい・きさ
    三次市吉舎町(きさちょう)出身の奥田元宋氏のルーツ、生地に初期の作品ほか、夫人である奥田小由女氏の作品を常設展示している。
  • 奥田元宋・小由女美術館 
    日本初、夫婦で文化勲章受賞の日本画家・奥田元宋と人形作家・奥田小由女の夫婦の名を冠した美術館。「日本で一番、月が美しく見える美術館」にて満月を楽しみながら名作の数々をご鑑賞ください。
  • 足立美術館 
    日本画、陶芸、童画、木彫、漆芸など総数2000点のコレクションからなり、とりわけ近代日本画壇を代表する横山大観の作品は高い質と量を誇っている。5万坪の日本庭園は、アメリカの日本庭園専門誌において「庭園日本一」と評される。

 

 

スケジュール

スケジュール食事宿泊
1日目10:00新神戸駅集合。青の画家東山魁夷が青少年時代を過ごした○東山魁夷旧居跡を訪れた後、兵庫県ゆかりの作品や日本近代の名作を展示する◎兵庫県立美術館へ。見学後、専用車にて香川に向かいます。途中、東山魁夷が学生時代2か月滞在した淡路島の景観を楽しみながら、鳴門では東山魁夷にとって第2の故郷ともいえるドイツを感じられる〇ドイツ村公園を見学します。夕刻、坂出に到着。坂出泊
2日目午前、建築家谷口吉生氏が設計した◎東山魁夷せとうち美術館を見学します。その後専用車にて倉敷駅へ。昼食は倉敷美観地区にある浜吉にてままかり定食をお召し上がりいただきます。昼食後、山陽本線に乗って福山駅へ。着後、専用車にて鞆の浦を訪れ、赤の画家奥田元宋も写生に訪れたノスタルジックな港町の散策観光にご案内します。福山泊
3日目午前、専用車にて三次へ向かいます。〇奥田元宋生家や◎美術館あーとあい・きさにて元宋の初期の作品ほか、夫人である奥田小由女氏の作品を見学します。その後市内では風情ある街並みが残る卯建と石畳通りを散策します。夜、専用車にて◎奥田元宋・小由女美術館へ。満月とともに奥田夫婦の作品鑑賞をお楽しみ下さい。三次泊
4日目三次より専用車にて日本庭園と横山大観コレクションで知られる◎足立美術館へ。夕刻、玉造温泉佳翠苑皆美に到着。玉造温泉泊
5日目ホテルチェックアウト後出雲空港にて解散。(10:30頃)

※両日程とも満月観賞にあわせた日程となっています。

※専用車は、タクシーに分乗となる場合があります。

※各美術館はご自身での自由見学となります。(入場料は旅行代金に含まれています。)

 

ご旅行代金

 

旅行代金¥258,000
一名室追加料金¥28,000

 

旅行条件

食事回数朝:4 昼:1 夕:3
最少催行人数4名
募集人数8名
ツアーコンダクター全行程同行

利用ホテル

(坂出)ホテルアネシス瀬戸大橋

(福山)福山ニューキャッスルホテル

(三次)三次グランドホテル

(玉造温泉)玉泉(和室・バスなし)

利用バス会社:(有)東出雲観光バス

 

Contact

お問い合わせ・ご予約

日本橋トラベラーズクラブ

観光庁長官登録旅行業第一種1499号

日本旅行業協会正会員

〒103-0007東京都中央区日本橋浜町2-17-9美術館ビル3階

電話03-3661-0111 FAX03-3660-5501
お問い合わせはこちらから

資料請求・仮予約・お問い合わせはこちらから