日本橋トラベラーズクラブ日本橋トラベラーズクラブ

Tour

最北の果て、最後のホッキョクグマの楽園 ウランゲリ島とベーリング海、アリューシャン列島冒険クルーズ【18日間】

HOME > 地域別ツアー > カテゴリー別ツアー一覧 >   >  >  >  >  > 最北の果て、最後のホッキョクグマの楽園 ウランゲリ島とベーリング海、アリューシャン列島冒険クルーズ【18日間】
最北の果て、最後のホッキョクグマの楽園 ウランゲリ島とベーリング海、アリューシャン列島冒険クルーズ【18日間】

企画者より

最北の果て、最後のホッキョクグマの楽園 ウランゲリ島とベーリング海、アリューシャン列島冒険クルーズ【18日間】

冷戦時代から“氷のカーテン”として秘められていたロシアとアメリカの国境地帯をクルーズしながらアリューシャン列島やホッキョグマの世界最大の繁殖地であるウランゲリ島を数日間に亘って探検します。これまでウランゲリ島にアクセスできる船はクルーズ船ではロシアの探検船1社に限られていましたが、そこにポナンが参入します!外は未知なる世界ですが、ラグジュアリーな探検船で、安心して旅をお楽しみ頂けます。

ツアーの見どころ

クルーズのハイライト

ウランゲリ島(ロシア)

面積7608㎢の氷と雪とツンドラに覆われたウランゲリ島は、極北の厳しい環境にありながらも野生動物たちのサンクチュアリーとなっている驚異の島です。特にホッキョクグマの繁殖地としては世界最大で、冬は300頭を超える母グマが子育てをします。2017年にはクジラの死骸に群がる約200頭のホッキョクグマが観察されています。他にもロシアに棲息するタイヘイヨウセイウチの大部分の個体がこの島に集中し、ジャコウウシ、ホッキョクギツネ、トナカイなどの哺乳類から169種類の渡り鳥まで、多くの野生動物が共存し、独自の生態系を形成しています。マンモスが最後まで生きていた場所もまたウランゲリ島であったと言われています。

  • セント・マシュー島(アメリカ)・・・
    絶滅危惧種ベーリングユキホオジロの一大繁殖地。ホッキョクギツネやトナカイなど野生動物も観察できます。
  • セント・ポール島(アメリカ)・・・
    アラスカにおけるキタオットセイの最大の繁殖地。エトピリカなど海鳥の種類も多く、バードウォッチングが楽しめます。
  • アリューシャン列島(アメリカ)・・・
    先住民アレウトの島々を意味し、アラスカ半島からカムチャッカ半島にかけて約2,000キロに亘って延びる列島。手つかずの自然と野生動物の宝庫です。

フランスが誇るグルメな探検船「ル・ボレアル号」 LE BOREAL

キャビン数を32室から最大132室まで抑え、贅沢で洗練されたおもてなしと、ミシュランスターシェフ監修の美食と洗練されたおもてなしが自慢の小型船です。

  • 就航年:2010年
  • アイスクラス:1C(耐氷船)
  • 総トン数:1,700トン
  • 巡航速度:16ノット
  • 喫水:4.7m
  • 全長:142m
  • 全幅:18m
  • キャビン数:132
  • 乗客定員:264名
  • 乗組員数:136名

~嬉しいサービス~

  1. フリース付き防水パルカをプレゼント
  2. 上陸時に使用するゴム長靴は無料で貸し出します。
  3. コーヒー、紅茶、ミネラルウォーターは24時間無料で提供します。
  4. 乗船中のアルコール飲料は無料でご提供します(ヴィンテージワインや一部リキュール類は除く)。
  5. 毎日のアフタヌーン・ティー
  6. 船内の無料Wi-Fi

利用キャビン:海側バルコニー付きプレスティージ(4・5階)18平米+バルコニー4平米、シャワーのみ
●客室設備:エアコン、金庫、テレビ、ヘアドライヤー、バスローブ、ミニバー、I-PODプレーヤー、電話、フランス製アメニティ、wi-fi、24時間ルームサービス

スケジュール

スケジュール食事宿泊
1日目成田(午後発)シアトル(午前着)
ご自宅から空港へのスーツケース無料託送サービス
午後、成田空港から航空機にてシアトルへ。
シアトル泊
2日目シアトル(午前発)ノーム(午後着)
午前、クルーズ会社指定の国内線にてアラスカ北西海岸にあるノームへ。着後、クルーズ混載バスにて港へ。ポナン探険船「ル・ボレアル号」に乗船、ベーリング海やウランゲリ島への冒険の旅が始まります。夕刻、ロシアに向けて出港します。
船中泊
3日目ベーリング海
終日、ベーリング海を航行しながら、ロシアのチュクチ自治管区北東部にあるプロヴィデニヤへ向かいます。雄大な景色を眺めながらゆっくりとお過ごし下さい。船内で開催される講座やイベントにもご参加下さい。
船中泊
4日目プロヴィデニヤ
午前、プロヴィデニヤに到着。1930年代に北極海航路の東端として建設された町はソ連時代は軍港でした。周囲を囲む2,000m級の山々の自然景観美と観光地化されていないロシア北極圏の町の雰囲気をお楽しみ下さい。
船中泊
5日目ラトマノフ島
朝、ベーリング海峡の中間に浮かぶロシア領ラトマノフ島をゾディアッククルーズにて探険します。ラトマノフ島と3キロ離れた米領・小ダイオミード島の間には国境と国際日付変更線が通っていることから、「明日の島」と呼ばれており、現在は国境警備隊やロシア軍の重要な基地が置かれています。またこの辺りでは、ミツユビカモメ、ハシブトウミガラス、ツノメドリ、エトピリカなど海鳥が観察できます。
船中泊
6,7,8,9日目ウランゲリ島
4日間に亘って北極海に浮かぶ秘島世界遺産・ウランゲリ島を探検します。ウランゲリ島はホッキョクグマを始め、セイウチ、ジャコウウシ、トナカイ、ホッキョクギツネやハクガンやシロフクロウなど多くの野生動物のサンクチュアリーとなっています。ゾディアックを利用しながら野生動物を近距離で観察します。
船中泊
10,11日目ベーリング海
2日間に亘ってベーリング海を南下します。クルーズ中は船内で開催されるレクチャーやイベントなどでお楽しみ下さい。また、航行中はクジラや渡り鳥などにも遭遇するチャンスです。
船中泊
12日目セント・マシュー島
ベーリング海に浮かぶ孤高の島セント・マシュー島に寄港します。ツンドラに覆われた島は、冬のホッキョクグマの棲息南限地です。また、絶滅危惧種ベーリングユキホオジロの一大繁殖地となっており、約6,000の個体が確認されています。巣の下では崖から落ちた卵を狙うホッキョクギツネも頻繁に目撃されています。
船中泊
13日目セント・ポール島
火山島プリビロフ諸島で最大のセント・ポール島に寄港します。玄武岩でできた不毛の島は、アラスカにおける最大のキタオットセイの繁殖地です。また、エトピリカなど240種類の海鳥の楽園にもなっています。
船中泊
14日目【アリューシャン列島】ダッチ・ハーバー 
アリューシャン列島ウナラスカ島の港ダッチ・ハーバーに寄港します。第二次世界大戦の戦跡など町の散策観光にご案内します。海岸線では可愛らしいアラスカラッコやハクトウワシに遭遇することもあります。
船中泊
15日目【アリューシャン列島】チャンクリウト島 
自然豊かなチャンクリウト島に寄港します。トリカブトやアカバナなど可愛らしい花が咲いている湖やカルデラなどをハイキングしながら美しい景色と自然を満喫します。ビーチではゴマフアザラシやエトピリカ、ツノメドリなどパフィンが観察できます。
船中泊
16日目【アリューシャン列島】ジオグラフィック・ハーバー 
カトマイ国立公園内にあるジオグラフィック・ハーバーに寄港します。オヒョウやタラなどの魚介類が豊富なこの周辺には、それを狙ってアザラシ、ラッコ、クジラ、海鳥が多くやってきます。また、サーモンの数が最も増える8.9月にはブラウンベアが頻繁に現れます。ゾディアックにて海岸線をクルーズしながらブラウンベア・ウォッチングをお楽しみ頂きます。
船中泊
17日目スワード(朝着)アンカレッジ(午前発)シアトル(午後発)
朝、ケナイ半島にあるスワードに到着。下船後、クルーズ混載車にてアンカレッジ空港へ。シアトル経由にて帰国の途に着きます(※)。
機中泊
18日目成田(午後着)
午後、成田空港に到着。
空港からご自宅へのスーツケース無料託送サービス

※天候、波、氷の状況により、キャプテンが航路を決定します。寄港地や観光内容は変更されることもございますので、予めご了承下さい。
※2019年11月現在、各寄港地での具体的な観光内容は未定のため、詳細は、後日担当よりご案内させていただきます。
※フライトスケジュールが変更される場合、17日目シアトルに1泊する19日間の日程になる場合もございます。

ご旅行代金

出発日2021年9月20日(月)~10月6日(水)
日数18日間
旅行代金¥1,980,000
1人部屋追加代金¥1,500,000

*上記旅行代金とは別に航空機の燃油サーチャージ料金¥21,000(目安)、航空保険料および海外の空港関連諸税等¥8,000(目安)や日本国内の空港関連諸税等を申し受けます。
なお、増減された場合はご出発前に清算させていただきます。
*港湾税€700、空港使用料€60、船内チップ€168が別途必要となります。
(注)相部屋半額制度の適用はございません。

旅行条件

食事回数朝:16 昼:14 夕:16 機:4
ツアーコンダクター全行程同行
最少催行人数6名
募集人数10名
利用航空会社デルタ航空、アメリカン航空、アラスカ航空、全日空、日本航空

Contact

お問い合わせ・ご予約

日本橋トラベラーズクラブ

観光庁長官登録旅行業第一種1499号・日本旅行業協会正会員

ボンド保証会員 旅行業公正取引協議会会員

〒103-0026東京都中央区日本橋兜町1-10日証館ビル1階

電話03-3661-0111 FAX03-3660-5501
お問い合わせはこちらから

資料請求・仮予約・お問い合わせはこちらから