日本橋トラベラーズクラブ日本橋トラベラーズクラブ

Tour

モーリタニアの旅 砂漠に眠る世界遺産・シンゲッティへ【9日間】

HOME > 地域別ツアー > カテゴリー別ツアー一覧 >   >  >  >  > モーリタニアの旅 砂漠に眠る世界遺産・シンゲッティへ【9日間】
モーリタニアの旅 砂漠に眠る世界遺産・シンゲッティへ【9日間】

企画者より

西サハラと黄金の都トンブクトゥのあるマリ共和国に挟まれるモーリタニア。全土が広大な砂漠地帯で、古くからこの砂漠を南北に貫く交易の道が走り、それに添うようにしてオアシス都市が栄えていました。しかし、アラブの侵入などによって都市は見捨てられ、細々と暮らす人々を残し、静かに砂漠に埋もれていきました。四輪駆動車でかつての隊商路を駆け抜け、サハラ砂漠の魅力に迫ります。

砂漠に眠る世界遺産

シンゲッティ・ウワダン

12世紀から栄えたウワダンは、隊商路上の要塞を占め、南部のマリからもたらされる金と、北部のサハラ砂漠南辺から算出される岩塩との交易で栄えました。現在は廃墟と化している砂漠のオアシス都市ウワダンは、クスールと呼ばれる防壁に守られていました。ウワダンの南西120kmにあるシンゲッティは、古来シンゲッティ王国の都があった場所で、12世紀に移住したベルベル人によって王都跡に都市が築かれました。「馬の泉」という意味を持つオアシス都市は、イスラムの聖地メッカ巡礼の始点であり、文化都市として華開きました。しかし、いずれのオアシス都市も、その後サハラ砂漠の隊商路が東方面に移っていったことによって衰退し、さらに北方からのアラブ勢力の侵入によって都市は見捨てられ廃墟と化し、静かに砂漠に埋もれていきました。

 

ツアーの見どころ

砂漠の国 モーリタニア

モーリタニアの歴史は、古くは3世紀頃のワガドゥガー王朝に始まります。ニジェール川上流に興った王国は、中央集権制を確立し、その後ガーナ王国に発展しました。南方からもたらされる金と、北方の塩産地を結ぶ隊商路上にあったことから繁栄を極め、往時は西アフリカ全域にまでその版図を拡大しました。しかし、11世紀頃王国は、遊牧民ベルベル人の勢力拡大により急速にイスラム化し、領土を広げムラービト朝を興しました。現在のモーリタニアという国名は、特にアラブ化したベルベル人たちのことをマウルス人と呼び、「マウルスの国」と呼称されたことに由来します。12世紀ごろになると隊商都市はメッカの巡礼地の出発点となり、イスラム学者、学生、修道士などが集まり、数百年にわたって繁栄しましたが、交易路が変わったために衰退しました。19世紀末にはフランスの進出が始まり、フランス領西アフリカの一部となりました。1960年にアフリカ諸国の独立が進む中で独立を達成しました。

“サハラの目”ゲルブ・アル・リッシャ

モーリタニアのサハラ砂漠に、宇宙からもはっきりと見ることができる直径約50キロという巨大な円形の構造物があります。これは「リシャット構造」と呼ばれるもので、「サハラの目」や「アフリカの目」の異名を持ちます。何層もの浸食された環の中に、さらに何層もの環があり、一面茶色の砂漠の中で明るい青色に輝いています。この環は、宇宙からの物体が衝突してできたクレーターだとする説がありましたが、現在では地質学的な構造であり、ドーム状の岩石が時間とサハラ砂漠の厳しい環境によって浸食されてできたものとされています。

スケジュール

スケジュール食事宿泊
1日目成田(21:25発) 

空港からご自宅へスーツケース無料宅送サービス

成田空港よりイスタンブールへ。へ。

機中泊
2日目イスタンブール(03:25着/14:30発)  ヌアクショット(19:05着)

イスタンブール着後、空港近くのホテルにて休憩。午後、航空機にてモーリタニアの首都ヌアクショットへ向かいます。

ヌアクショット泊
3日目ヌアクショット   (アクジュージト) アタール

午前、四輪駆動車にて交通の要塞アタールへ向かいます。途中、銅と金採掘の街アクジュージトに立ち寄ります。

アタール泊
4日目アタール (シンゲッティ) ウワダン

午前、アモグジャール峠を越えて、アドラール台地にある西アフリカのイスラム文化の中心地として栄えたシンゲッティに向かいます。着後、石造りの古いモスクや給水塔などが残る旧市街を観光します。その後、もうひとつの隊商都市ウワダンに向かいます。

ウワダン・テント泊
5日目ウワダン  アグーディール

午前、ウワダンの廃墟となってしまった旧市街を観光します。その後、
“サハラの目”と呼ばれているゲルブ・アル・リッシャを走りアグーディールへ向かいます。

アグーディール・テント泊
6日目アグーディール  アタール

終日、砂漠の中を走りアタールへ向かいます。

アタール泊
7日目アタール    ヌアクショット

午前、ヌアクショットへ向かいます。着後、○グランドモスク、○マーケットなどを観光します。

ヌアクショット泊
8日目ヌアクショット(06:00/19:00) 

航空機にてイスタンブールへ。 航空機を乗り換えて帰国の途へ。

機中泊
9日目イスタンブール(02:00発) 成田(19:30着)

成田空港到着。
空港からご自宅へのスーツケース無料託送サービス

  • *上記時間は現地時間で表示され、〇は下車観光、◎は入場観光の表示です。
  • *交通スケジュールの変更等により日程が一部変更となる場合は予めご了承ください
  • *スーツケースはヌアクショットのホテルに預けていきます。4泊5日分の荷物を入れるボストンバックや大型のリュックサックなどをご準備ください。

ご旅行代金

日程 1月18日(土)〜1月26日(日)
日数9日間
旅行代金¥588,000 
一名室使用追加料金¥68,000

*上記ご旅行代金とは別に国際観光旅客税¥1,000および航空機の燃油サーチャージ¥68,000(目安)を申し受けます。なお、増減された場合はご出発前に清算させていただきます。

*ヌアクショット以外は部屋数に限りがあるため、一人部屋をご利用できない場合がございます。その場合は充当分をご返金させていただきます。

旅行条件

モーリタニア

食事回数朝:5 昼:5 夜:5 機:4
ツアーコンダクター全行程同行
最少催行人数8名
募集人数15名
利用予定航空会社ターキッシュエアラインズ
  • ※日本国内の空港施設使用料及び旅客保安サービス料は別途必要になります。

査証関係

旅券残存有効期間入国時6カ月以上
旅券の未使用査証欄見開き2頁以上
モーリタニア査証現地取得料金55ユーロ

Contact

お問い合わせ・ご予約

日本橋トラベラーズクラブ

観光庁長官登録旅行業第一種1499号・日本旅行業協会正会員

ボンド保証会員 旅行業公正取引協議会会員

〒103-0026東京都中央区日本橋兜町1-10日証館ビル1階

電話03-3661-0111 FAX03-3660-5501
お問い合わせはこちらから

資料請求・仮予約・お問い合わせはこちらから